ウィスキーを上手に楽しむ方法

ウィスキーの上手な飲み方

ウイスキーは水割り、ロック、ストレートなど色々な方法で飲むことができるお酒です。

種類も豊富で、氷や水で以外のもので割って飲むこともできますし、おつまみも様々です。

ここではウイスキーを上手に飲む方法を紹介していきます。

ウイスキーの飲み方には色々ある

ウイスキーの飲み方のタイプはかなり多い

日本ではハイボールや水割りなどが人気ですが、それ以外にもロック、オンザロック、ストレートなど、知名度の高い方法だけでもたくさんあります。

また、ハーフロックやトワイスアップといったやや上級者向けの方法もありますし、カクテルにも色々なタイプがあります。

ウィスキーロック

「割り方」以外にも注目すべきことが多い

まずは、ウイスキーの「割り方」を考える人が多いと思います。氷を使うか水を使うかなどといったことです。

ですが、ウイスキーの飲み方を変えるのは割り方だけではありません。

チェイサーのチョイスも大事ですし、温度についても考える必要があります。

また、砂糖などを入れることでも風味が変わりますし、おつまみ次第で楽しみ方が変化することもあります。

これらのことを全て加味すると、「ウイスキーを飲む方法の種類は無限」と言っても過言ではありません。

オーソドックスなウイスキーの飲み方

ウイスキーにおける「オーソドックス」とはなにか

言い換えれば「王道」のことでしょうが、ウイスキーの風味をそのまま体験するという視点に立てばストレートが王道だと言えるでしょう。しかし、日本だけで考えても「オンザロックが普通」「水割りが普通」などと言う人も多いですから、「これが王道です」とひとくくりにすることはできません。

恐らく「その人が最も好きな飲み方」が王道になるのでしょうし、そもそも「王道が何なのかを決めることに意味はない」という考え方も否定できません。

「ウィスキーを上手に楽しむ方法」への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。